埋没毛はどう処理するか

 

自己処理をしていると、埋没毛になってしまうことがあります。
これは、剃った毛先の先端が皮膚の内側に入り込んでしまって、皮膚の内側に毛が伸びてしまった状態のものです。
皮膚の外側からは、黒い点のようなものが見えています。
カミソリで処理しているとでてしまう症状のひとつです。
では、埋没毛になってしまったらどうしたらよいのでしょう。
絶対にやってはいけないのが、無理に針のようなとがったものを使って掘り起こすということです。
これは、肌をとても痛めてしまいます。
これ以上肌トラブルにならないようにしたいものです。
埋没毛は、2週間から3週間で皮膚の外側まで自然に伸びてきます。
その時を待って、またムダ毛処理をすればよいのです。
ただ、埋没毛になったということは、今までの処理方法はやめたほうがいいですね。
やはり自己処理よりも、専門のサロンに任せるのが一番です。
最近は大手チェーン店が千葉地区にも数多く出店しているのでこちらで探してみるのがおすすめです。

脱毛千葉を探してみる

永久脱毛の落とし穴

 

ムダ毛がまた・・ はぁとため息をつきたくなりますね。
でも放っておくと春や夏などの薄着のシーズンには「あらら・・」と言った目で見られかねません。
カミソリや脱毛クリームは試したけどま、これらは結局は脱毛の繰り返し。
そんな中気になるのが永久脱毛。
芸能人やモデルなどが多く利用しているのでご存じの方も多いでしょうが、永久脱毛とは永遠にムダ毛が生えてこないと言うことです。
しかし「永久」の定義はあいまいであり、永久脱毛は存在しないとも言われています。
肌見せの季節に備えて通ってみると良いでしょう。

脱毛を完璧にしたいのなら

 

永久脱毛はご存知ですか?
サロンでもよく耳にする言葉ですよね。
でも、正確には医療脱毛にしか永久効果はありません。
というのも永久脱毛の施術は毛穴にハリを刺し、そこから流す電流で毛根を死滅させるというものです。
このハリを刺すという行為が医療行為に当たるため、医療従事者にしか施術が許可されていないのです。
では、何故こんなにも医療以外の施設で広まっているのかということですが、単純な話、数が多すぎて取り締まりきれないというだけのことです。
そのため医療機関以外の場所では自己責任で行うということになるでしょう。
ちなみに昔は医療は価格が高かったため一般認識はあまりされていませんでしたが、最近はサロンと価格がそれほど変わらなくなってきています。
そのため、医療系でも比較的リーズナブルに施術を受けることができるでしょう。
また施術を受ける場所も医療機関ですし、施術も医師が行うということで、万が一の時にも直ぐに対応でき、より安全な施術うけられるというのもメリットの一つです。